あゆの保険と音楽と好きなことのブログ

1978年生まれ。保険営業。元チェロ奏者、講師。

男とか女とか関係ない

仕事をする上で男とか女とか関係ない。

 

今や女性が社会へ進出し、ワーキングマザーとか、まあ呼び名は何でもいいんだけど(笑)、色々差があるような気がする。

 

保険業界でも音楽業界でもここ近年の女性の活躍は目覚ましい。

 

女性が起業すると、面白半分にディスられたりするけど、あれ、何なんスかね?

 

いーじゃん、別に誰が起業しようが。

 

もっと真剣にやれとか、大きなお世話やし(笑)

人のことごちゃごちゃ言う前に、お前もやれや(笑)

 

 

根本にあるのは『不満』なんだと思う。

 

俺は、私は、

 

 

こんなに頑張ってるのに

 

 

あなたは楽そうで

 

 

何故私、俺がこんなに辛いんだよ!

 

 

 

っていう不満ね。

 

もしくは、嫉妬。

 

俺は、私は、こんなに頑張ってるんだから、あなたがそんなチャラチャラした感じでやっていける訳がない。

 

 

おー。(笑)

ドリームキラーはアンタやん(笑)

 

 

 

 

我が家で言えば掃除は相方に任せている。

 

理由はどう頑張っても、私が掃除がキライだからだ(笑)

 

相方はせっせかと掃除をしてるみたい。

 

おかげさまで、私のストレスが一つ減った(笑)

 

家事レベルだって立派な仕事。

そこに金銭的報酬が無くとも、仕事は仕事。

 

外の仕事だって、嫉妬や見下しや、負のエネルギーがあるから、男だー、女だーとか言ってるわけでしょ?

 

 

好きの反対はキライ

 

 

ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

【無関心】である。

 

 

 

ディスっても、好きでもエネルギーは一緒。

それが負なのか正なのかの違いなだけ。

 

それぞれの得意分野があって、同じ業種、業界だったとしても、そこに勝ち負けで仕事してるんなら、常に比較対象を外側に求めてることになる。

 

 

くだらない(笑)

 

 

目の前にしているのはあなたのお客様であって、同業者ではない。

お客様に男も女も関係なく、あなたの事業に投資をしてくれるかどうかが、大事なコト。

 

 

何故、横並びの奴らに優劣を付けるのかさっぱり分からん。

 

 

そもそも優劣を付けようとしてるあなたの

『価値』は一体何なのか。

 

どう社会に貢献が出来て、どう付加価値を生み出せているのか。

 

 

男とか女とか関係ない。

 

 

あなたが一体何者なのかが重要なのである。